top of page

平井里美議員、発言の一部取り消しについて

第2定例会最終日(7/3)に、平井議員がご自身の一般質問(6/20)での発言の一部を取り消しました。

平井議員の質問は、狛江市が令和4年度に、市内在住の高校3年生世代・大学3年生世代の個人情報を自衛隊に提供したことに対し、住民の人権を尊重し提供すべきではない、との趣旨でしたが、後半には自衛隊に対する批判に転じました。

この質問を精査すると、例えば自衛隊の離職率を、本来は自衛隊員全体の230,000人に対しての中途退職者が5,700人ですので、2.5%とするところを43%とし、あたかも新入隊員13,000人の内、5,700人が中途退職していると、市民に誤った理解をさせる数字を示しました。

また、多摩26市では現在全市において、法定受託事務として、情報提供をしているにもかかわらず「多摩21市、8割の市は、住民の個人情報は提供できないと断っています」と断言することは虚偽であり、悪意を持った表現であると捉えられます。

今回の平井議員の質問の前半は、人権に関する質疑であると理解しますが、後半に至っては取り消した部分も含め、本来の質問の趣旨とは大きく外れ、自衛隊に勤める方と、その御家族に対する人権に係わる「ハラスメント」であり、議会の公人が議場という場にて発言するには到底、看過できる表現ではなく、狛江市議会の品格を著しく貶める発言であり、断じて許されるものではありません。

今回の件については、自民党・明政クラブとして、平井議員には自らの立場をよく自覚し、再びこのようなことが起こらないよう、強く意見申し上げました。

最新記事

すべて表示

「狛江市議会議員定数条例の一部を改正する条例」 賛成少数により否決

狛江市議会令和5年第2定例会 最終日(7/3)に提出された、議案第18号議員提出第3号「狛江市議会議員定数条例の一部を改正する条例」 は賛成少数により否決されました。 自民党・明政クラブは、以下の理由から賛同いたしませんでした。 —−−−−−−−−—−−−−−−−− 今後、人口減少化社会において、議員定数削減は全国どの議会でも各自治体の実情を踏まえ判断すべきと考えます。 本条例改正は、議員定数のみ

Comentarios


bottom of page